ぜんぜんアウトプットできない…って、悩んでる?

アウトプットできない原因は、おもに2つ

①アウトプットの習慣がなさすぎる
②アウトプットの習慣がありすぎる

↑コレ。

①はともかく、②はどーゆこっちゃ?

いっこづつ、やっていくね


【 アウトプットの習慣がなさすぎる 】

アウトプットできない悩みを抱えるひとの多くは、こっち。

「習慣」がない。

せっかくいい知識を得たり、いいアイデアを閃いたりしても、それを「伝える」習慣がないと、アウトプットにはなかなか至らない。

だから、こーゆーひとがまずやるべきは「習慣づくり」。

よく言われるのは「SNSで発信しましょう」みたいなことなんだけど、これはちょっとタンマ。

おれのオススメは「日記」かな。

なんでか。

たぶんだけどさ、アウトプットの習慣がないひとは「だれかに見られる」ことに抵抗があるひとが多いはず。

なのにいきなり「SNSで発信しましょう」とかいっても、ハードルがたかいよな。

なぜなら、本来「アウトプット」と「リリース」は別物。

でもSNSはこれらがセットになってるからね。

あくまで「アウトプット」の習慣を身につけるためなら、「ひみつの日記を毎日つける」をやってみよう。

で、それをつづけてると

・アウトプットクオリティが上がって、ひとに披露したくなる
・ひとりじゃ毎日つづけるのキツいから、誰かに尻を叩いてもらいたくなる

だいたいこのどっちかの心境になる。

そーなったら他人のチカラが必要だから、そこで初めてSNSでもやってみればいい。



【 アウトプットの習慣がありすぎる 】

驚くかもしれないけど、この世にはなんと、アウトプットの習慣がありすぎるひとってのも、いる。

こーゆーひとも「ぜんぜんアウトプットができない…」って悩むことがあるんだ。

これには、べつの原因がある。

「インプットが足りてない」

コレ。

アウトプットの習慣がありすぎるひとは、アウトプットが楽しすぎて「勉強してるヒマなんざ、ない。とにかく走りまくるんじゃ」って状態。

生産力MAXだ。

これは一般的なひとからすると「羨ましすぎる」んだけど、ときに本人たちは「やべー、アウトプットしすぎてもう頭がカラッポだ」ってなってたりする。

材料切れだ。

だから、こーゆーひとたちは少しでいいから「インプットの習慣をとりいれる」ことをやってみよ。

毎晩30分だけでも読書してみるとかさ。

そーすると、無敵。


【 まとめ 】
じぶんがアウトプットできない「原因」が、どっちなのかを知って、対策しよ。

アウトプットの習慣がないなら「ひみつの日記をつけることから、始める」。アウトプットの習慣があるなら「毎日すこしだけ、勉強をとりいれる」。

これで、アウトプットがつづけられるよーになって、労働卒業に近づけるぜ。マジ。