「脳は身体の司令塔」と思われがちだけど、じつは逆

わりとさ、ひとの身体って「脳にコントロールされてる」イメージ、ない?

コレじつはイメージと逆で、「身体の状態で、脳が決まる」んだ。

いっけん司令塔に見える脳は、じつは身体にコントロールされていたと。


おもしろいと感じるから笑うんじゃなくて、笑うからおもしろく感じる。

悲しいと感じるから泣くんじゃなくて、泣くから悲しく感じる。


この法則を知ると、じぶんの”気分”とか”やる気”のコントロールが、いっこカンタンになるぜ。


とくに、労働卒業にむけて「マイビジネスつくり」をしたいけど、続かない…ようなひとには、すごく役にたつ情報とおもう。

なぜなら、だいたいのひとがやる気が続かなくて辞めてしまうからね。


マイビジネスつくりって、成果でない期間が長い。そこでだいたい挫折する。

そんななか、「やる気」をカンタンにコントロールできたら、続けられる。

続けられるだけで、ひとつアドバンテージ。

そのカギが「身体の状態で、脳が決まる」だ。


具体的には、マイビジネスつくりにおいて

①1日のはじまりのタスクをめちゃくちゃラクにする
②毎日、はじまりのタスク以外は、べつにやらなくてもいいと決める

コレだけ。


マイビジネスつくりのタスクを細かくわけて、毎日「さいしょにやるタスク」だけを「かならずやる」と決める。と。

そのかわり、そのタスクはめっちゃカンタンにする。


たとえば。

「ゲームを作りたい!」ひとなら、毎日かならず「座って、パソコンを起動する」とかね。それ”だけ”を、必須タスクにすると。

これ、めっちゃカンタンだよね。

「マイビジネスをつくるために、毎日かならず、座ってパソコンを起動するようにしてます」とか言ってたら「アホか」みたいなねww


でも、じつはすごく合理的だ。

なぜなら、これをやれば結局、パソコン開くだけじゃ終わらず、カチャカチャとゲームを作る毎日になる。

だって「パソコンを起動して、座っている」という身体の状態が、「脳にやる気を起こさせる」からね。


これは「脳が身体をコントロールしてる」と考えてると思い浮かばない手段だけど、「身体の状態で脳が決まる」と考えれば、カンタンに思いつく。

で、効果も高い。


どーせカンタンだから、騙されたと思ってやってみよう。

今まで「じぶんが決めたことなのに、やる気が起きない…」と悩んでたのがウソのように「続けられる」よーになるぜ。


これマジ