「朝シャワー」が「脳」にもたらす、凶暴なまでの効果

みんなさ、朝シャワー派?

夜派のひとも、風呂派のひとも、多いかな。

ただ、労働卒業のためにマイビジネス築きたいひとには、ぜひ「朝シャワー」をオススメするぜ。

なんでか?

それは、朝シャワーで、脳ミソの「意欲と創造性のスイッチ」が強制的にONになるから。

この、意欲と創造性のスイッチってなにか?

その名の通り、このスイッチが押されると、意欲が湧いて、創造性が高まる。

そんなスイッチ。

でもなかなか、これがONになる瞬間て少ない。

ONになれば、じぶんの生産力がドカンとあがるんだけどね。

なんたって「意欲」と「創造性」だからな。


独創的で価値のある商品つくりにおいて、めちゃくちゃ重要だ。

やはり、なるべくONにしていきたいところだよな。


その強制スイッチONの手段が、朝シャワーだ。

分解すると「3つの理由」で、このスイッチがONになる。

理由①:身体を動かしている
 →シャワールームでは、洗ったりするために身体を動かすよね。これが、適度に脳に刺激を与えて「やったるぜ」って意欲を強化する。自然とね。

理由②:リラックスしてる
 →風呂場ってさ、リラックスできるよな。このリラックスが創造的なひらめきを促す。マジ。

理由③:孤独である
 →シャワーは、ひとりで浴びるよな(だよね?たぶん…)。ひとは孤独な時間じゃないと、せっかく意欲と創造性のスイッチがONになっても、他人に邪魔されて生産に結びつかない。

と、こんなとこ。

労働卒業のためには、朝シャワーを習慣にするといい。

「そんなこと?」ってカンジだけど、効果は絶大。


これマジ。