マイビジネスつくりにおける「時間と気力」の固定費削減法、それは「脱毛」

今回のテーマは「脱毛」かな。

いつもと毛色がちがうw と、思うかもしれないけど実はコレけっこー重要だぜ。


結論から言うと、

労働卒業のためにマイビジネスつくりをするなら、「脱毛」して時間と気力の固定費を減らすべき。

ってな話。


まずこのブログの、コンセプト・目指すべきゴールは「労働卒業」だ。

で、そのためには「マイビジネス」を持つのは必須。

なぜなら、労働をどんなにがんばっても、労働収入で資産運用をしても、労働卒業に辿りつくのは難しいから。

マイビジネスで収益をあげて、その金を資産運用にまわす。

これが王道。

んで、「1つめ」のマイビジネスをつくるときの最重要リソースは「じぶんの時間と気力」だ。

なぜなら「潤沢な金がない」けど「労働収入で生活費は賄えてる」ってのが、労働卒業ってゴールを目指すひとの現状と仮定してるから。

そーゆー状況のときの《最適解》は、じぶんの時間と気力を、じぶんのスキルを通じてなんらかの商品に変換して、売る。と。これが1つめのマイビジネスつくりでやるべきことだな。


なるほど。

じゃあ次に産まれる疑問は、ってーと「具体的に、まずやることは?」だよな。


この疑問の答えは、

「固定費削減」だ。

労働卒業を目指すと決めたら、真っ先に固定費削減をすべき。

なぜなら、固定費削減ってのは一番コスパがいい行為だからね。

一度の手間で、じぶんの「リソースを消費する《穴》」を長い期間ふさげる。

しかも、固定費を削ることで生活コストが低くなれば、労働卒業の難易度はさがる。

で。

この「固定費」ってのはなにも「金」だけじゃない。

「1つめ」のマイビジネスをつくるときの最重要リソースである、と言った「じぶんの時間と気力」にも「固定費」がある。

毎日やってて、時間と気力をとられる行為はすべて、時間と気力の固定費だ。


この時間と気力の固定費は、ひとによってまちまちだと思う。

でも、そんななかでも多くのひとにとって《効果的な手段》がある。

それが「脱毛」だ。

とくに男性のヒゲね。

これ、毎朝剃ってるひと多いんじゃねーかな?


[毎朝、ヒゲ剃りをする]

↑コレは時間も気力も消費する。固定費として。

脱毛すると、この固定費が限りなく”0”になる。

そうすると、そのぶんの時間と気力が余る。

余った時間と気力をマイビジネスつくりにまわせる。って算段。


「ヒゲ剃りなんてたいした手間じゃないわ」って?

ま、たしかに1日に節約できる時間と気力は小さいかもな。

でもさ、毎日のことだぜ。

年単位で見たらすげー量の時間と気力が積みあがる。

たかが《ムダ毛を無くす》ためだけの行為に費やす、じぶんのリソース。削れるなら削ったほうがいい。

しかもヒゲってほっとけばずーっと生え続けるべ。それを毎朝剃り続ける…

不毛。


いまは、医療脱毛ならそこそこ短期間で脱毛できるからさ。おススメ。(ちなみに、だるさを極めし者もヒゲ脱毛のクリニックにあちこち通ってるから、”一番良心的なのはココだな”って思ったら紹介するぜ)


さて。

とはいえ。

「脱毛」はあくまで一例。

「時間と気力の固定費」に敏感になろうってのがこの記事のホントの趣旨だ。

どんどん固定費削減して、労働卒業ってゴールに辿りつくのを早めよ。

これマジ。