ぜんぶ「コスパ」で考えよーぜ

今回のテーマは「”やったほうがいい”は、やめる」かな。


まず、確認しておきたいのは、このブログのコンセプト・目指すべきゴール。

それは《労働卒業》だよね。


で。労働卒業のためにはマイビジネスを持つのが必須。


こー言うと、

「マイビジネスが必須?投資とかじゃダメなのか?」

って思うかもしれない。


たしかに、カネ持ちは「投資しろ、お金を働かせろ」っていうもんな。

ただ「資産運用」を、労働卒業前にやっても、それだけじゃ労働卒業になかなか辿りつかない。

時間がかかりすぎるか、ギャンブル性が高くなりすぎるか、のどっちかだぜ。

おジイさんになってから労働卒業しても意味ないし、一発逆転狙って破産しても意味ない。

となると。「資産運用は堅実に」がベストだけど、それはカネ持ちがよりカネ持ちになるための手段であって、労働卒業を目指すフェーズで本腰いれるモンじゃないんだ。

いま労働してる者が、なるべく早く、確実に、労働卒業を果たすには《投資収入》じゃなく《事業収入》を狙うべき。

で、そのためにはマイビジネスつくりをすべき。と。



んで。

じゃあ「マイビジネスつくり」といっても「なにすりゃいいんだ」ってなるよな。

労働と違って、マイビジネスつくりは《自由度》があまりに高すぎる。

「なにしていいかわからない…」ってひとばかりのはず。


ただ、労働卒業のためのマイビジネスつくりにおいては

《なにをするか》より《なにをやらないか》のほうが何倍も重要。

だから「なにしていいかわからない…」ひとも「なにをやめるか」に視点を変えて考えてみよう。


コレ、なんでか?

追加 よりも 削除 のほうが、効果が高いケースが多いからだ。

ん?意味わかんねー。もうちょいくわしく。

まず、マイビジネスつくりを始めようと思って情報収集すると「この方法で○○円稼げました」みたいな話を大量に目にすることになる。

で、疑わしい情報もあるけど、じぶんなりに信ぴょう性が高そうな情報を見定めて、そのマネをする。

ここまではいい。


でも、信ぴょう性が高そうな情報にしぼっても「多すぎる」のが現状だ。

稼ぎたきゃアレやれコレやれ、って情報がめちゃくちゃ溢れてる。

で、行動力のあるひとしか労働卒業は果たせないし、そもそも志さないだろう。

だからみんな、こーゆーじぶんが信じた情報にはしっかり乗っかって、行動する。


んで。なにが起こるか。

それは《キャパオーバー》だ。

そもそも日々、労働もしてるところに《マイビジネスつくり》って新たなテーマを設けたワケだ。

自由度が高いそのテーマと、現代の多すぎる情報、そして持ち前の行動力、これらがあいまってかならずと言っていいほどキャパオーバーに陥る。

この《キャパ》ってなんのキャパかっていうと、じぶんの《気力アリ時間》だ。

もーちょい具体的に言うと《マイビジネスにおける”商品”の生産のために、手と頭を動かすことができる時間》かな。


マイビジネスつくりにおいてイチバン必要な資源はこの「じぶんの《気力アリ時間》」であり、これが尽きてしまえばマイビジネスつくりは進まない。


んが。

この《気力アリ時間》ってのは、思ってる以上に少ないんだ。

具体的には、1日2~4時間くらい。

これがマイビジネスつくりのために与えられた時間と思っていい。

「…少なっ!」

って思うべwでも、事実。

だるさを極めし者も最初《オレだけかな…》と思ったけど、いろんなひとのデータを総合すると大半のひとがこれくらいだ。

もちろん、気力ナシでできる単純作業ならこの時間をはみでてもできるけど、そもそもマイビジネスつくりでそーゆー単純作業を何時間もやるのは得策じゃない。

じぶんが価値をだせる仕事を、1日2~4時間集中してやる。

これがマイビジネスつくりのセオリー。

だからこそ、アレコレ手を出すとすぐに《キャパオーバー》になるんだ。

1日2~4時間って、下手すりゃ”通勤”で使いきってしまうひとさえいるだろう。



こーなると、必要になる考えかたは《なにをやらないか》だ。

《1日2~4時間の気力アリ時間》っていう限られたリソースで、《労働卒業》ってゴールを果たすには、《なにをやるか》で考えるとすぐ道が閉じる。


そりゃあさ、アレもコレも、やったほうがいい。

《リターン》があるからこそ《やるべき》と思うワケだし。

でも「リターンがあるからやったほうがいい」って考えかたは、ゴールに辿りつこうとしたときかならずと言っていいほど失敗を招く。

なぜなら「コスト」の概念がすっぽり抜けてるから。

タイトルの「ぜんぶコスパで考えよーぜ」の意味は、ここまで読んでくれたひとならわかってくれると思う。

労働卒業ってゴールを目指して、マイビジネスつくりをするときに

①リターンがあることはなんでもやったほうがいい。
②リターンがコストに対して割に合わないことをやっても意味がない

①の考えかたでは、ソッコーでキャパオーバー。
②の考えかたなら、ゴールに着実に近づきながら余裕までもてる。

と、こーゆうワケなんだ。


だからこそ、さいしょから「”やったほうがいい”は、やめる」と決めてしまおう。


リターンがあるから、やったほうがいい。

でも、コストが割に合わない。

そーゆーことは、やらない。

バシバシやめていく。

これを意識すると、「じぶんがやるべきこと」がクリアに浮かび上がってくる。

やめていたはずなのに、やるべきことがわかる。

こーなれば、労働卒業は一気に近づいたといえる。



ぜんぶコスパで考えて、”やったほうがいい”ことはやめていこう。

んで、「これしかねー」ってことにフルベットしよう。

これマジ。