生きる意味などない、シンプルに楽しむだけ。なら「労働」は邪魔になる

今回のテーマは「生きる意味」かな。

急にどーしたwってカンジだけど、ま、たまにはこんなテーマで。



まず結論から言うと「生きる意味などない」。

異論なし。


『そんな寂しいことを…』

と、思うかもしれないけど。

「自由」でいるためにはこのほうがいい。


だって生きる意味が「ある」と思ってしまうとそれは「制約」になるからね。


《生きる意味は、〇〇を残すことである》とか決まってたら、メンドーじゃん。

メンドーなことは《制約》なんだ。

で。

制約の数を減らすことが「自由」だから、自由のためには「生きる意味」なんかないほーがいい。


ただ、やっぱ意味はなくても「死ぬのは怖い」よね。

だから、自然に死ぬまでは、生きることになる。


そーなると「楽しい」感情の割合が大きいほうがいい。

シンプルに。


みんなさ、ゲームとかってする?

ゲームってさ、何も残らないじゃん。

キャラのステータス強化に明け暮れて、レアアイテムを必死こいて集めても、電源オフしたら人生になんの影響もない。

でも、めっちゃ熱中しない?

オレわりと夜中までドラクエとかやるんだけど、そのとき「このゲームをやる意味とは」なんて考えてない。

それなんでかっていうと、ただ「楽しい」から。


"生きる"こと全体で見たときも、↑この感覚の時間がふえたら文句なし。じゃない?


で、そのために1番《邪魔》なものは?


それが《労働》。

ただ楽しむために生きればいいだけなのに、この世界のシステム的に、おおくのひとが労働をせざるをえない状況だ。

なぜなら、

《[死なない]ために生活費が必要で[生活費]を稼ぐために労働が必要》

多くのプレイヤーが↑こうなるようなシステムだから。


でも、労働はつまらない。

自由度がひくいし、他人の命令を受けるからゲーム感覚でできない。


となると、死なないための生活費は、もっと効率のいいツールで獲得したい。

そのツールが《マイビジネス》だね。

このマイビジネスは、富の獲得量が多い。

うえに、自由度もすごく高い。

だから、なるべくゲーム感覚でできることでマイビジネスをつくれたら、楽しくやれる。

楽しいうえに、邪魔な労働まで排除できる。

すぐれもの。

ただ、「じゃあみんなやればいいじゃん」っておもうんだけど、そーもいかない。

なぜなら「成果がでない序盤がながい」って性質があるから。

ひとは[時間がかかる]かつ[不確実]なものに、なかなかコミットできないんだ。

だから1年〜2年、成果がでない期間を《ドラクエのレベル上げ》と思って淡々とこなすことができるなら、その先に自由が広がるよ。





つまらないこと頑張っても、結局なにも残らない。

だったら、死ぬまで楽しくやろーぜ。

んで。

《労働が楽しい》は、このブログの価値観としてはあり得ない。

だから、労働を排除することに全力になろう。

で、その過程すらも楽しめたらもっといいよね。ってことで、楽しめる生産活動でマイビジネスをつくろう。



いつもと毛色が違うけど、今回はこんなカンジで。

これマジ。


    • -

もしこの記事を気にいってくれたら、Twitterフォロー・記事ツイートをしていただけると嬉しいです!